スマートホーム

スマートホーム

Ubuntu 24.4で自宅サーバ(KVMとCockpitで仮想サーバ編)[2/6]

当記事ではUbuntu 24.4 DesktopにKVMとCockpitをインストールし、仮想サーバを構築する方法を紹介します。
スマートホーム

Ubuntu 24.4で自宅サーバ(インストール編)[1/6]

現在、当ブログとスマートホームのために利用している自宅サーバは2020年から運用しているものであり、今でも大きなトラブルなく元気に動いてくれています。ただ、ハードウェアもOS(Ubuntu 20.4)もそろそろ古くなってきたので、Ubuntu24.4のリリースを契機に自宅サーバを再構築することにしました。
スマートホーム

Raspberry PiにAlexaをインストール_2023年度版(KWD&systemd設定を含む)

やりたいこと 2020年に以下の記事で、Raspberry PiにAmazon Alexaをインストールする記事を掲載しました。あれから3年、Raspberry PiのOSはRaspbianからRaspberry Pi OSへ進化し...
アプリ

Raspberry Piを使って家のリビングのテレビをデジタルフォトフレームにする方法

はじめに 最近はコロナで旅行にも買い物にも行けないし、ずっと家にいる人も多いのではないでしょうか?そんな時だからこそ「おうち時間」を充実させましょう!家のテレビ、使わない時はどうしていますか?私は電源を切っています。はい、当然ですよ...
スマートホーム

Raspberry PiでAndroidアプリを動かす方法(LineageOS+OpenGApp)

Raspberry PiにLineageOSというAndroidの派生OSをインストールし、さらにOpenGAppというPlayストアの代替をインストールして、Raspberry PiでAndroidアプリを動作させる方法をまとめます。
スマートホーム

Alexaを自由に喋らせる方法(コマンドライン編)

PCやRaspberry Piのコマンドラインから、Alexa(Amazon Echo)を自在に喋らせる方法をまとめました。
開発者向け

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(オリジナルモデルを用いた物体検出編)[4/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第4回目の最終回は、オリジナルのモデルを使ったTensorFlow Lietによる物体検出の方法をまとめます。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(Raspberry Piの環境構築編)[3/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第3回目は、Raspberry PiへのOSやTensorFlow Liteのインストールなどの環境準備の方法をまとめます。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(Google Colabを用いたモデルの学習編)[2/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第2回目は、Google colabを使った、TensorFlow学習データの作成です。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(IBM Cloud Annotationsを用いたアノテーション編)[1/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第1回目は、IBM Cloud Annotationsを使った、教師データの作成です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました